ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)とは

 ビットコイン(BTC)が注目されるようになってから、いろいろなところで使用できるようになりました。
 このビットコイン(BTC)にはマイニング(採掘)と呼ばれる概念があります。
 一般の通貨で言うところの新規発行ですが、世界中で行われているビットコイン(BTC)の売買を電子的に記帳することによって、個人的に報酬を得ることができます。
 これがマイニング(採掘)です。
 実際にはPC上で動作するアプリを使うことになります。
 特定の企業がビットコイン(BTC)の管理をするのではなく、世界中のPCやアプリを使用して整合性を保つ仕組みを作り上げています。
 その報酬としてビットコイン(BTC)が支払われることになるのです。
 ビットコイン(BTC)を手に入れることによって、さらに新たな売買を行うことが可能となります。
 それがさらにビットコイン(BTC)の普及を促すことになるのです。
 私たちは通常の買い物をする時に日本円を使用していますが、クレジットカードなどではポイントが付きます。
 そのポイントも買い物に利用することできますから、ビットコイン(BTC)もそれと同じと考えればいいでしょう。
 ただ、ビットコイン(BTC)の単位と日本円の単位のレートがいくらかになるかが重要です。
 投資として見た場合はレートの変動が損得に直結するからです。
 為替取引をしている人なら、それは十分理解しているでしょう。
 ビットコイン(BTC)を利用して売買をする場合でもレートが極端に変動すると大きな問題になります。
 マイニング(採掘)の数学的な仕組みを理解する必要はなく、手続き方法を理解しておけば報酬を得ることができるのです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial