ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)と報酬

 ビットコイン(BTC)と言う言葉は知っていても、どのような仕組みになっているのかわからない人が少なくないでしょう。
 ビットコイン(BTC)は仮想通貨(暗号資産)ですが、何か物を購入する時の通貨としても利用することができます。
 重要なのはどうやってビットコイン(BTC)を入手するかと言うことです。
 そこで登場する言葉がマイニング(採掘)です。
 日本語の直訳は発掘となりますが、実際には流通しているビットコイン(BTC)のデータを確認する作業に対する報酬です。
 つまり、報酬をビットコイン(BTC)で受け取ることができるため、マイニング(採掘)によって世界中で流通する総額が増加することになります。
 具体的な作業は自分が所有しているPCで専用のアプリを動作させることです。
 方法は難しくありませんが、原理を理解していないとわかりにくいでしょう。
 もちろ、ビットコイン(BTC)による売買ではなく為替取引のようなビジネスを考えている人もいます。
 つまり、ビットコイン(BTC)のレート変動によって利益を得るのです。
 実質的には一般の通貨と同じような売買ができるため、仮想通貨(暗号資産)であることを特別に意識しなくてもいいでしょう。
 ただ、インターネットで調べてみると、ビットコイン(BTC)で簡単に利益を得ることができるようなイメージがありますが、それは大きな間違いでしょう。
 仮想通貨(暗号資産)であることがマイナスになるわけではありませんが、どのような売買をするかを明確に意識することが大切です。
 マイニング(採掘)の場合は、ビットコイン(BTC)を確実な報酬として受け取ることができます。
 普通の通貨と異なる仕組みですから、初めは戸惑う人も少なくないのです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial